2010.01.11

チクショー


「築城せよ!」
現代に戦国武将が現れ、城をつくる映画。
これだけ聞いても見たいと思う人は、少ないかもしれない。
でもこの映画、SFでもオカルトでも城マニアでも時代物でもない。
さわやかでおかしくて切ない、情熱あるヒューマンドラマ。
キャメラのことや撮り方はよくわからんが、媚びてない感じ、ストレートな映像が見やすくて良い。
片岡愛之助はギラギラしてかっこよかった。
海老名はるはキラキラしてかわいかった。

| | コメント (2)

The Boat That Rocked

音楽は、ビートルズ世代以降と、その前の世代で二つに分かれる。
過渡期には、いろいろすばらしいものが生まれる。
グルーピーに囲まれたい。
シャツのボタンとボタンの間がひらくほどデブでも、かっこいい奴はかっこいい。
今やロックは社会に浸透しているが、そのパワーのベクトルは反体制方向だ。
もみあげのばそう。

パイレーツロック。


| | コメント (0)

2009.12.04

復讐者に憐れみを

ストーリーはあんまり気持ちよいものではなかった。
まあ、ストーリーはええですわ。
ペ・ドゥナのお色気とガンホ先輩の眼光!
見る価値ありです。

| | コメント (0)

2009.05.19

GRAN TORINO

泣いた。

| | コメント (0)

2009.03.01

百万円と苦虫女

同居人に猫を捨てられた仕返しに、その荷物を全て処分したことで、刑事告訴され拘置所へ。出所するが家族と出来たみぞ、近所の噂に苛まれ、百万円貯めて家を出ることに。そしてその後も百万円貯めたら、別のところへ渡って行く。
「前科もの」という傷が出来た自分自身を否定したい。他人との関係の中で自分を確認する事を拒む。だが人は一人では生きていけないよってのがテーマだと思ったのだけど、「出会い」を大切にして、それから逃げることなく根を張って生きよう、みたいなラストになっていた。

感想としましては、蒼井優はもっともっと明るい役がいい!
以上。

| | コメント (4)

12人の怒れる男

12人の陪審員が最後の評決を下すため、審議をするお話。すぐに結果が出ると思われた評決の雲行きは怪しい。皆が各々の意見・感情でぶつかり合い、審議は大きくうねりだす。エンディングは有罪無罪だけでは治まらない、現代ロシアの社会背景、状況がかかえる問題が浮き彫りにされる。

犬のシーンがよくわからなかった。黒澤明が好きなのかな?と、ピアノ弾いてる感じとかも。

最初からのめりこめて、夢中で見れる映画だった。昔のアメリカ映画のリメイクらいいので、そっちも見てみよう。

| | コメント (0)

2009.02.20

女番長 野良猫ロック

Pdvd_000

ストーリーはチンピラ。

70年代オートバイとサイケデリックな音楽、モードが好きなら見るべし。
モップスかっこええです。
鈴木ヒロミツさん、お亡くなりになられてたのですね、合掌。

Pdvd_004

Pdvd_007


Pdvd_015


運転はスタントらしいが、アッコ、ナナハン似合っとります。
排気音がざんねんなんじゃけど、ナナハンのカーチェイスは迫力ある。


Pdvd_019


Pdvd_031

あんなおもてーオオトバイでよーやりますわ。
竜堂学園高等学2年生の早川光なみじゃ。

| | コメント (4)

2009.02.10

早春

かみさんの実家、三石が登場するという事で、小津安二郎「早春」を借りてきた。

戦後の東京、サラリーマンのお話。主人公は倦怠期の夫婦。アヤマチ(不倫)と転勤(行き先が三石)をきっかけに夫婦が人生、関係を考え直し、やり直す、タイトルの示すところ、春を向かえるまでの映画。

000581

ローアングルで構図がキレイだった。
ここ2、3年全く、写真を撮る気にならなかったのに、小津作品を見終えると急に写真熱が心に芽生えてきた。
構図が良かったからだけでなく、白黒であることだったり、淡々としたテンポだったり、かなり燻っていた自分の心にリズムよく働きかけてきたみたい。
いい写真撮れるかな?

| | コメント (4)

2006.06.21

FIRSTLOVE

初恋観てきた。
評価をするなら、惜しいです。

ジャズ喫茶に集っている仲間の仲良し具合がよくわからない。クールなんかな。青くないんよ、なんか。個性あるキャラのはずだが、それぞれの心情がさっぱりわからん。ここだけ押さえてくれたら、後は全然、雑でも良いんだけどなぁ。

宮崎あおいちゃんは?って、それはそれは、かあいいよ。凛として真っ直ぐで。

この時代をちっとも生きてないので、においとか分からんが、’68のシーンでSL350はいかがなものか。。。いや、でもええんよ、あおいちゃんがベルスタッフのジャケット着て72で疾走するシーンは!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.07

break through

パッチギ

食わず嫌いだった節がある。
井筒映画。
見る気になったらレンタル中。

素晴しく面白かった。
色がとてもよく、臨場感があり、たのしい。
キョンジャかあいい。

岸和田少年愚連隊もみよっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧