« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

2006/01/27 10:00

CLASKA

401

401号室のベッド。シングル予約いっぱいだったから、贅沢してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27 15:00

代官山

表に向かってガンガンヒップホップを流してたので入りにくかった、bonjour records 。平積みを眺めると、フォーク色が強い。どうやらフリーフォークというジャンルではやってるみたい。よくわからんが、Herman Dune 「not on top」ってのをジャケ買い。奥の棚で「bonjour hawaii」Produced by Kama Aineも手にとりレジスターへ。このお洒落代官山のお洒落CDショップは、その店内のお洒落ミュージックの音量のせいで、ノンバーバールコミュニケーションにより精算を行うシステム。

374

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.30

2006/01/28 17:00

神田神保町

動植物学に強い古書店の鳥海書房で物色。「鈴木家盆栽帖」なんてタイトルの、紐で綴じられた黒い本を発見する。かなりツボに入ったんだが「こりゃ、読まんわ」と書棚に返す。ヤンマー書棚にあってもいんだけどね。黒本コレクターってわけでもないので、「植物誌 絵と文 佐藤達夫」を購入。

ume

 小学生のころのある正月。筑後の山間の郷里に祖父をたずねたことがあった。
 父が浮草家業の役人をしていたために、田舎に帰ることはめったになかったので、見るもの聞くものみなめずらしく、ことに牛に乗せられて山のミカン畑にいったときのことは、いまでも印象にのこっている。
 霜ばしらのふかい谷ぞいの道には梅がさかりだった。わたしは、買ってもらったばかりのイーストマン・ヴェストコダックで、その遠景を何枚か写した。単玉レンズのせいで、印画はすこし暗かったけれども、谷間の梅の白いフレアはわりに感じがでていた。
 むろん、その写真はなくしてしまったのだが、いまでもわたしには、梅は白いフレアをまとってみえる。(本文"梅”抜粋)

『文』が植物学的な説明にとどまらず、エッセイなのがよろしいのではないでしょうか。プロではないのだが、愛情こもった丁寧な『絵』がよろしいのではないでしょうか。3ヶ月単位で季節の植物がまとめて掲載されてます。

syoku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.23

summer festival

土曜日。

ニョパー(男子禁制女子のみのパーティ)が、家で開催されるので追い出された。
しょうがないから、外で男祭りを繰り広げる。
蔵でセッション後、横浜と合流して成田屋で1次会。ジェラが「村長」になったら、俺の肩書きはなにになるんならぁ、の問題を「サマ」で解決させる。山田サマ。というわけで、男祭りもサマフェスティバルに変更。
2次会はドイツパブGGC(グレートジャーマンクック)。この店はいつ行っても、団体客で賑わっている。運良くすみっこのテーブルがひとつだけ空いていて、GGC(ご機嫌・ご気楽・コーナー)とす。男祭りじゃなくなったので、紅一点タニも参加。うどん弟も合流。サイクロンズとビジュアルバンドとセックスの話で盛り上がる。翌朝早かったのでドイツビールいき上げたったけど、ワインのみょーた横浜、お肉、おタニ、大丈夫じゃった?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.20

tentosen PERTY 06'

tentosen PERTY 06'
THE MICETEETH
at okayama
RENAISS HALL

別ユニットの「THE PARTY BROTHERS」 とソロの「箱」 とマイス一色。マイス満載。マイス漬け。
一昨年のサンセットライブの『ネモ』はヤバかった。いい意味で。声もダンスも力が抜けてて、いい意味で、そんでビシビシメロディが刺さってくる。
今回は「From Rainbow Town」ひっさげて。『Rainbow Town』ヤバイだろうな。ヤンマー的には『なんて素敵な雨だろう』あたりでメロメロなんじゃけど。
さあさあ、今宵身軽なアナタ、ルネスホールで会いましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.19

BAN-TOWN

ban


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

BOSS

boss


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.17

potpourri

fra


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.16

cha-ri

chya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

beat goes on 2006

土曜日。
マティ&ザ・スイッチブレードの練習見学に。メンバーだと聞いていた看板屋と一緒に見学。社長がかっこつけとった。撮った。
お肉男から入電、拉致される。
街角喫茶食堂に行くが、営業時間の変更でしめよーたので、うどん弟と田んぼを拉致して殻つきナメクジへ。
音楽話(主にサイクロンズについて)でいきあげて、田んぼを返して、うどん弟を連れて帰り、無理やりサイクロンズを聴かす。サイクロンズ参加を強制。そのまま3人でアシッドフォークやら『キテル』のんを聴いて刺激を得る。

日曜日。
嫁の実家で法事。
夕方より、Leyonaのアコースティックライブ。
素晴らしかった。
やっぱり歌姫ですな、キラキラ輝いてた。
うどん弟と田んぼも来ていたので、サイクロンズ加入について念おし。
「サイクロンズ一緒にやろうぜ」
「おう、俺的にも、宜しく!」
とあつく抱擁。。。なんて全然なかったけど、大丈夫でしょう。。。
あなたが必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.15

LA VIE EN CAFE

la


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.14

ride on

rid


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.13

Movin’ On

Movin’ On / BAGDAD CAFE THE trench town

3rdでとった。ツアーもしとった。しらなんだが。相変わらずの素敵ボイス。前作から比べてより尖った感じ。太い槍になってグサッと刺さる感じ。かっこいい。1回みてみたいもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EARTH LIFE

ERAS


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.12

crossing

kousa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TWINKLE-14

kira14


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.11

meeting

fa

有能なアシスタントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

presents

去年の話だけど、今、アマゾソにはまってるからご紹介。友人の結婚祝いに、料理道具アレコレプレゼントした中のひとつ。プレゼントをキッチンアイテムにした理由もこのボールのカタチにやられたから!いいよね、うちにもほしいの。そうなん、まだ買ってないから、使用感はわからんのよ。まあいいじゃん、料理が楽しくなれば!ねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

parasol

テロリストのパラソル 藤原 伊織

あったまいいな、この人。東大卒の著者が東大卒の主人公をつくりました。クールでスマートな文体だが、かなりイメージ湧きます。無駄がない、抜け目ない。それから、お話がとても面白いのよ。引き込まれます。でも、あれじゃろ、無駄がねえゆうこたぁ、味がねぇんじゃねん?なんて言うのでしょう、あなた。大丈夫よ!十分コユイ主人公です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

poolside

プールサイド小景・静物 庄野 潤三

淡々と綴られる家庭の出来事。小景・静物とタイトルにあるごとく、デリケートなんよ。ポケーッとよみょーたら、見逃すところじゃ。その前にポケーッと読むってのがよーわからんわな。最近もっぱら、読書が導眠薬になっとるんじゃけど、ラストの『静物』には目が覚めた。なんでもないことが書いてあるんじゃけど、ひっかかるんよ、もっかい読んだが。難しく読んだが。毎日の生活の中にだって、そこに目をやらないと、何も無く、過ぎ去っていくことが山盛りじゃない。そこを掘り返せ!って洞察力にちょっと自信ないんだけど。物語にならんようなことを物語りにする文才。はい、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.08

TWINKLE-13

dora


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

reyona

玲葉奈行くひと~、いる?

G.Loveが日本の新人歌手に楽曲提供するって!?
レディオのボイスを疑った。で、忘れたころに後輩の持っていた「One blooD」。
「The Beat Goes On」にノックアウトされたのだが、なんだこの楽曲達は。
どれも素敵。大事な人を喪って書いたとかなんとか、「オレンジ」泣いちゃうよ。

アコースティックライブツアー「beat goes on 2006」。
ジャンルを越えてReggaeやBluesなど様々なGood Musicにインスパイアされた音楽性と、存在感のあるone&onlyなヴォーカルによって独自の世界観を表現している。
料金 4,200yen
ドリンク別 要1オーダー(500yen)
OPEN 17:00 / START 18:00
Official Site:http://www.leyona.net/
チケット販売:MO:GLA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.06

TWINKLE-12

kira13


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

the New Year holidays

↓今年の年賀状
wedd


元旦。
ラヂオスターでぐだぐだカウントダウン。
「え、まだ12じきてねーよ」
「いやいや、もう12じまわっとるで」

朝寝坊の朝風呂。カワヤン(アキヤン)が泊まっていたので、まだ眠りから覚めてないカワヤン(アキヤン)と嫁さんを、髭をそった顔で驚かすことに!
最高餅でお雑煮を食べる。山田家のお雑煮は、ゆりね・かまぼこ・にんじん・ほうれんそう・ぶり・あなごが入ります。そいつに中野の兄貴より頂いた『まぐろ節』を振りかけて食べる。正月休みの間で歳の数ほど食べました。増量です、増量。それから『ERⅩ』をずーっとみとりました。夕食はステーキ。


二日。
女房の実家に新年のご挨拶。三石行きがけに納入先があるので一仕事してからの帰郷。おせちとおとそとエビフライとステーキを食す。また増量。『ERⅩ』全部見た。『死に花』もみる。
カワヤンより入電。社長負債と八剣伝にいるとのこと。三石の帰りに寄り道。

三日。
『コンスタンティン』をみる。面白くない。ERが終わったから、『24Ⅳ』に取り掛かる。アメリカンホームドラマ手ごわいぜ。夕方ラヴィアンいって初コーシー。ジェラ&ゆうこがテンション高くカウンターにおった。小石さんも来店。小石さんは正月三日になるが、まだ大掃除が続いているそうです。お疲れ様です。うちは、おむすびと自宅だけ大掃除してあきらめました。事務所と米屋の裏がワヤです。
岡山神社で初詣。おみくじは吉。
夕食はいくら丼。

四日。
とうとうこの日がやってきました。サイクロンズ集合の日。
10時集合のところ、10時10分に起床して、慌てて機材を詰め込む。エレベにエフェクターにウッベ。大荷物。アンプがないだけまだいっか。
曲も何もない0からスタート。まずはエレキベースを構える。ニクソン、ギター。カワヤン(アキヤン)、ドラム。マイク一本での集音。セッション1回で録音開始。歌もニクソン即興。骨は即興の一発どり、これに味付けをしていく。カワヤン(アキヤン)がMTRを女体のように操る。キモイけど。社長がビールもって遊びに来る。無理やりボーカルに加える。2曲とり終えたらもう15時、ピザを8人前ぐらいデリバリーして、ビールで流し込む。4人とも増量。満腹すぎて演奏がナマクラになる。だめじゃ、食いすぎじゃわ。なんとか1曲ひねり出して、19時で終了。家に帰るとスキヤキで増量。
十分すぎる栄養をとったので、カワヤン(アキヤン)と明日のサンダーソンの下ごしらえ。初仕事。ちっとも減量せず。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.01

New Year

pico


あけましておめでとうございます!

今年もよろしゅうに

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »